• 母力

【ベビ*ステ】埼玉県坂戸市議会議員の方々が視察に来られました!


2022年10月24日、埼玉県中西部にある坂戸市の市議会議員の方々10名がふじのみやベビーステーション事業の視察にいらっしゃいました。 まずは富士宮市の担当の方から市民協働について、母力からは富士宮ベビーステーション事業についての説明をさせて頂いた後、質疑応答を行いました。 

座学の後は、実際に市役所近くのベビ*ステ登録コンビニに移動し、ベビ*ステの機能を説明したステッカーや、子育て中のママがどういうことに困っているのか?を示したポスターを見て頂きました。さらに先輩ママからヒアリングを行い、子育て中のママがコンビニでよく買うアイテムの上位を‘見える化‘した「ベビ*ステPOP」が店舗でどのように活用されているか、店内を歩きながら見て頂きました。



実際に店舗を見た議員さんからは、「ベビーカーでどこでも入れるのかと思っていたが、子育て中の方は入っていいのか気にしていることを初めて知った。入口でベビーカーOKと明示してもらえると安心して使えますね。」「ステーションと聞くと設備のイメージだったが、心の面で支えてもらえることがわかった。」というようなお声を頂きました。


ふじのみやベビーステーションは「あってよかった(モノのサポート)・会えてよかった(心のサポート)」ハードとソフト両面から子育て中の方の外出を支援する事業です。視察を通じて、少しでもそのことがお伝えできていればいいなと感じます。そして富士宮市にとどまらず、ベビ*ステの輪が全国に広まっていきますように…我々の願いです。