【報告】母力防災チームパック調理交流会参加

団体の中で防災に興味のあるメンバーが集まって自主的に活動している母力防災チーム。今回は、7/7しずおか子育て防災ネットワーク交流会にて開催された、リアル&オンラインパック調理交流会に参加しました♪

リアル会場は長泉町のモリスベース。そこからオンライン配信が行われました。講師はママとね防災部の高良綾乃さんです。


パック調理とは、災害時等に調理器具を洗う水を節約するためにお湯を沸かした鍋に食材を入れたビニール袋を沈めて作る調理方法です。

今回は参加メンバーで、賞味期限がせまっている食材を持ち寄り「ご飯」「シチュー」「プリン」を作りました。



パック調理は「迷ったら多め」がポイントで、米も生米では食べられないけれどおかゆなら食べることができるということで、水も多め!加熱時間も迷ったら長めに加熱する!

災害時に確実に食べ物へありつくために「迷ったら多め」です♪


プリンは泡立て器も使わず袋をモミモミして混ぜただけなので黄身と白身がまだらでしたが、美味でした!シチューも美味しくできました^ ^

母力防災チームでは、ママの防災力を高める自主研修を行ったり、団体の防災訓練をしたりして、地域と団体の防災力を高めています。