【報告】食とエネルギーのプチマルシェ2021にて子ども秋祭り担当いたしました


11月6日7日、静岡ガス富士宮営業所さん主催のイベント「食とエネルギーのプチマルシェ2021」の中で、こども秋祭りを母力が担当させていただきました★

市内の子育て層にきてもらいたいというご依頼で、何かできないかというご相談からスタートし、何パターンかの選択肢をご提示させていただいた結果、今回は子どもがスタッフをやる子ども秋祭りを実施することになりました。


コロナウイルス感染状況の影響で、市内秋祭りも縮小になる中、祭りをまちわびていた小学生たちに声をかけ、延べ17名の子どもスタッフが働きました!


事前準備は大人がしましたが、当日のお店の運営は子どもたちにお任せ。落書きせんべい屋、スーパーボールすくい屋、輪投げ屋、くじ引き屋、駄菓子屋、釣り屋の6店のどれ担当かは当日の朝じゃんけんで決めてスタート。


各お店は、1人もしくは2人で子どもスタッフがまわします。10時から15時の5時間、スタッフとしてお客様を本当に接客し、お金の受け渡しもしました。


子どもたちのやる気が本当に素晴らしくて、呼び込みの声も出ていたし、最後の売り上げ金の計算も誰も間違えることなくやり遂げて、大人のこちらのほうが驚き。ちゃんとできたら、ちゃんと売れたら、少しお給料を渡しますと伝えていたので、本当にみんな頑張りました。



お店屋さんごっこじゃなく、本物のお店を1つまわしたこと、衛生管理も呼び込みも仕入れと売り上げの関係も、いろんなお客さんがいること、働いた分お給料がもらえることも、全て実地で学べるこの体験は、スタッフをしてくれた子どもたちの大きな経験となりました。

その様子をみていた来場者の親子に「次回もあるならぜひうちの子もスタッフ側にたたせたい」と言っていただくこともできました。


子どもたちのがんばりに、来場者のみなさんも笑顔でこたえていただき、秋祭りのコーナーだけでも、2日間で6店延べ900名を越える方にご参加ご来場いただけました。


がんばる子どもたちの隣にいて、大人もワクワクできました。

ご来場いただいたみなさま、がんばってくれた子どもたち、静岡ガスのみなさま、大変お世話になりました。ありがとうございました!



母力では、このような子育て世代を呼び込むイベント企画のお手伝いもさせていただいています。

ご相談、ご依頼の詳細はこちらからご確認ください。→こちら