top of page

令和2年7月豪雨被災地「つながる支援パック」募金募集

母力向上委員会ははままつぴっぴさんを通じて熊本支援をすることに決めました。


県内の子育て支援団体で防災に関してネットワークを構築しよう!と会議を重ねてきましたが、今回、熊本の水害に対し、認定 NPO法人 はままつ子育てネットワークぴっぴさんが独自開発された『つながる支援パック』を贈る支援をされるということで、募金を募っているということで私達もご協力させていただくことに決めました。



ぴっぴさんの支援パックは、災害時に必要な10品目に絞って詰められたトートバックで、アレルギーのお子さんのためのバックもあります。それぞれに必要な数を現地に確認しながら求められた数を贈る仕組みが成り立っているということで、支援が確実に届く形となっています。日頃から防災ネットワークのミーティングでもリーダー的な存在のぴっぴさん。これからも学ばせていただきたいと思います。

まだ水害の支援をしたいけど何をしたらいいか迷っている方はこちらの応援も選択肢に入れていただけたら嬉しいです☆

詳細はぴっぴさんのHPよりご確認ください。 https://blog.hamamatsu-pippi.net/tsunagaru/20200710253/ 以下ぴっぴさんのサイトのコピペです!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

令和2年7月豪雨被災地へ「つながる支援パック」を送るための募金を実施します。


令和2年7月3日以降の豪雨により九州地方では大きな被害が出ています。非常に多くの方々が不自由な避難生活をされ、その中には乳幼児の子育て中の家庭も多数いらっしゃいます。大きな被害があった地域でも熊本の河川の氾濫は、みなさまもご存知のとおりです。 認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴは、早急に熊本に向け「つながる支援パック」を送ることにしました。その資金の一部とさせていただくため、本日令和2年7月10日(金)から募金を行います。 みんなで力を合わせ、子育て中の家族の力になりましょう!ぜひ、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。


募金の遣い道

乳幼児家庭に必要な物品をセットした「つながる支援パック」30個を、熊本県の災害支援拠点に送ります。30個のうち10個は、アレルギーの子どものためのセットです。被災地は粉塵などが多く、アレルギー症状が深刻化すると見込まれるからです。 このパックの中身の物資(ミルクや離乳食など)と、パックを被災地に送り届ける郵送費に遣わせていただきます。募金が集まるのを待たず、支援物資は早急に発送します。また、バッグの制作にかかる費用は、認定NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴが拠出します。


受付期間

令和2年7月10日(金)より


送り届ける「つながる支援パック」とは

  • 乳幼児家庭に必要なもの一式をセットにして繰り返し使える丈夫な布バッグに入れ、各家庭に渡します!

  • 10種類もの必要品がセットされているので、何度も子連れで支援物資の配給に並ばなくて良くなります!