top of page

岳南朝日新聞10月掲載されました

毎月第2木曜日、岳南朝日新聞に母力コラムを掲載いただいています。 コラムタイトルは「母に必要なチカラって何だろう?」です。 10月はメンバーのさぁやちゃんが~子どもを1人の人間として尊重すること~をテーマに書きました。以下より全文お読みいただけますので、ぜひ読んでみてください。



一人の人間を尊重するということ

言葉を話すようになった娘

 私の娘は3歳です。言葉をどんどん覚え、少しずつ長文を話すようになってきました。赤ちゃんの頃は生理的欲求が満たされていれば、されるがまま何も言わなかった娘も、やりたいことや気に入らないことがあれば主張してきます。「言葉が通じなくても説明する行為は大切」という話も聞いていたので、娘が0歳の頃から「言葉にならない要求や気持ち」を汲み取ろうと特に心がけているつもりでした。しかし、いざ言葉でコミュニケーションを取れるようになると、私の予想外の返答や反応を見せる娘に「ああ、これがこの子の性格なのだな。私の考え方や感じ方を押し付けてつぶさないように気をつけないとな」としみじみ感じることが増えてきました。

理不尽な「大人扱い」

 そんなある日、私はふと娘の扱いが大きく変わったことに気づきました。娘がこちらの言葉を理解できたり、自分の意思を言葉で表現できるようになったりしたことで、「きっと分かっているはず」という期待が無意識に生まれていたことに気づいたのです。例えば、いま娘は平日だけ託児所に通っていますが、土日の朝に「託児所に行く」と言い出すこともあれば、平日の朝にゆっくり過ごして託児所に遅れそうになることもあります。大人の私から見れば「忙しい平日の朝に遊び始めないで欲しい」「土日なのだから託児所には行かない」と自然に思うのですが、当の娘は「託児所に行く日」も知らなければ、「曜日」という概念さえ知らないのです。そもそも私は「説明しても分からないだろう」