top of page

岳南朝日新聞9月掲載されました

毎月第2木曜日、岳南朝日新聞に母力コラムを掲載いただいています。 コラムタイトルは「母に必要なチカラって何だろう?」です。

9月はメンバーの木田美早が『コロナ禍でも地域で子どもを育てる』をテーマに書きました。

以下より全文お読みいただけますので、ぜひ読んでみてください。





コロナ禍でも地域で子どもを育てる


コロナが与えた影響

私には2歳の子どもがいます。第1子でしたが、近くに頼れる実母や、元保育士で先輩ママでもある妹、同じ時期に出産をした友人が数人おり、特に困ることもなく楽しく子育てしていました。息子がまだ赤ちゃんの頃、成長していく姿に想像を巡らせては、『1歳の誕生日には一緒にディズニーランドに行きたいな、泊りで旅行もしたいな。』などと夢見ていました。歩けるようになったら色々なところへ遊びに連れて行ってあげたい。そんな風に思っていました。

しかしその矢先、息子がまだ生後8カ月でハイハイ期だった去年の3月頃。新型コロナウィルスについて騒がれ始めました。そしてその翌月の4月、緊急事態宣言が発令されました。誰もが前代未聞の出来事に戸惑っていたことでしょう。もちろん私もそのうちの一人。未知のウィルスへの恐怖、この子をなんとしてでも守らなくては…という重責から、家から出るのが怖くなりました。それまで利用していた子育て支援センターやサロン、図書館の読み聞かせの時間も中止。貴重な息抜きの時間となっていた友人と会うこともできなくなり、まるで地域とのコミュニティを全て断たれてしまったような、そんな気持ちになりました。