top of page

岳南朝日新聞6月掲載されました

毎月第2木曜日、岳南朝日新聞に母力コラムを掲載いただいています。 コラムタイトルは「母に必要なチカラって何だろう?」です。

6月は代表の塩川祐子が『子育てを分かち合い支え合う』をテーマに書きました。

以下より全文お読みいただけますので、ぜひ読んでみてください。




子育てを分かち合い支え合う

複合型の支援

妊娠・出産・産後の時期は、急激なホルモンバランスの変化や、それに起因した体や生活そのものの変化があり、精神的にも不安定になります。赤ちゃんが最優先になることで、お母さん自身の体調や精神が不安定であっても我慢しがちです。しかし、この時期に無理をし過ぎると、育児ノイローゼや産後鬱、ともすると乳幼児虐待や自死につながってしまいます。

昨年からこのコロナ禍において、女性の自殺率の急増やDV及び虐待件数の増加など更なる社会課題が浮き彫りとなってきました。男女ともに苦しい状況の人が増えているのです。元々社会的サポートを受けることへのハードルを感じている子育て層にとっては、これらのことを誰にも相談することができずに一人で抱え込んでいる人もいることでしょう。子育て中の男性も女性も、子連れで出かける場所、交流・相談できる場所、子どもがいても仕事や自分のやりたいことに集中できる環境が更に重要になってきていると感じています。

そこで、わたし達はこれまでに築いてきた支援ネットワークを活用し、妊娠期から産後までの切れ目ない支援を実現するため、昨年から富士宮市委託事業「妊娠出産子育てシェアサポート事業」に取り組んできました。1年間で約700名の方にご来場、ご参加いただきました。